FC2ブログ

鶏小屋日記

だらだらっと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どうでもいい雑記

今日もドルアーガの話を少し。乱数について。
ゲームにおいて乱数は地味ですが重要な要素です。乱数の質が悪いと、たとえばトランプゲームで毎回同じカードが手元に来たりするわけですから。
で、ドルアーガの塔の乱数はというと、まあ大変癖の強い代物な事で有名です。つまり品質が悪いって事ですがげふげふ。その中でも特に凄い例について少し。


一体に見えるスライム

フロア1開始直後の様子です。下からグリーンスライムが迫ってきているので、返り討ちにしようという所。

一体に見えるが七体だったスライム

グリーンスライムを倒すと、宝箱が出現しました。変ですね。この階の宝箱はグリーンスライムを三体倒さないと出ないはずなんですが。
……じつは、さっきのグリーンスライム、七体重なっていたんです。左上の点数表示を見てください。210点入っていますね? グリーンスライムは一体30点。七体分の点数が入っています。

詳しい話は省きますが、ドルアーガの塔では特定のタイミングでゲームを始めると、周期が非常に短い(=凄く偏る)乱数が使われる状態になります。どのぐらい短いかというと、周期7です。つまり、何度乱数を生成しても七種類の数値しか出て来ません。
たとえばこの乱数列で敵の出現位置を決めたりすると、敵が七カ所にしか出現しなくなるわけです。
※実際には「ギルいる軸に近い場所には出現出来ない」という仕様があるので、最悪四カ所にまで出現できる場所が減ってしまいます。件の画像のケースがまさにそれ。

ドルアーガの乱数って色々面白いんですが、案外これをテーマに書いているページって目にしないんですよねえ(私が知っている範囲では加来量一氏のCEDEC2014講演ぐらいかなあ)。まあ自分で書けって言われそうですが。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/18(木) 21:21:20|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なんとなく打ってみたけれど | ホーム | どうでもいい雑記とまだしんDiary感想20150617>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cockatrice.blog111.fc2.com/tb.php/349-92b2c6af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

猫下鶏太郎恒幸

Author:猫下鶏太郎恒幸
鶏小屋本舎 / 鶏小屋別舎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。